健全な家計のために、固定費が高すぎないかチェックをし、その上でお金を貯蓄できるようにしましょう。

家計の管理…お金は大切に使いましょう
家計の管理…お金は大切に使いましょう
家計の管理…お金は大切に使いましょう

家計は固定費の見直しと貯蓄が大事。お金の管理をしましょう。

家庭での経済状況を計算することを、家計管理といいます。毎月の収入と、支出のバランスがとれているかを確認するためにつけるのが、家計簿です。家計簿をつけると、どういったものにお金を多く使っているかを把握できるので、もし収支のバランスがとれなくなったときに、使いすぎている科目を見つけ見直すことができます。

もし、どんなに節制しても残高が足りなくなるなら、固定費が高いのかもしれません。固定費とは、毎月必ず出て行くお金のことで、住居費や駐車場代、車の維持費、新聞購読料などです。これらが高いなら、いくら節約をしても効果は表れにくいです。住居費の目安は、手取り収入の20〜25%の範囲で設定するのが理想です。もしこの範囲から大幅に大きい割合であれば、適切な住居費のところへ引っ越すのも手です。また、車がなくても生活できるのであれば、車を手放すことで、車の維持費だけでなく駐車場代も必要なくなります。たまに使いたいときは、レンタカーを利用すればよいでしょう。

だれしも便利で贅沢な暮らしがしたいと望みますが、収入の中でやりくりすることが家計の管理で最も重要なことです。そのためには、自分の生活スタイルを見直して、身の丈にあった生活をする必要があります。もしも貯蓄ができていないと、友人の結婚式や、突然の訃報などの交際費への出費も対応できなくなります。貯蓄は、最低でも毎月手取りの1〜2割程度を確保したいところです。固定費の見直しと貯蓄の確保で、健全な家計を目指しましょう。

Copyright (C)2017家計の管理…お金は大切に使いましょう.All rights reserved.