2冊の手帳を使ってお金と家計の管理をした結果、節約を意識すようになり支出を減らすことができた文章です。

家計の管理…お金は大切に使いましょう
家計の管理…お金は大切に使いましょう
家計の管理…お金は大切に使いましょう

節約を意識して2冊の手帳でお金と家計の管理

私は以前は節約など気にしませんでした。ところが、リーマンショック以降、夫が転職して、収入も半分になってしまったので家計も節約する必要が出てきました。今、お金と家計の管理は2冊の手帳で行っています。2冊のうち1冊は家計のための手帳、もう1冊は資産運用の手帳です。

家計のための手帳はその日買い物などでもらったレシートの額面をそのまま書き込むものです。食費とか雑費とか交際費とか項目を分けずに、そのままの金額を書き込みます。1日いくら使ったかが分かります。外食した日とかビールをケースで買ったときなど書き込む金額が多くなります。1か月間、どのくらいのお金を使ったのか手帳を見るとすぐわかります。全体を見渡しても、この日は外食したから書き込まれた金額が多い、今後お菓子など買う量を減らそうと節約を意識することもできます。月の最後に通帳記入して光熱費や、管理費、クレジットカードなど引き落とされた金額を手帳に書き込みます。合計すると1か月の総支出金額が分かります。

もう一つの手帳は資産運用の手帳です。こちらには今銀行に預けている定期の満期日といくら利息が付くのか記入しています。満期を迎えた定期のお金をこのまま継続するのか、別の銀行に預け変えるのか、手帳を見ながら考えます。国債や地方債も購入して持っているのでその満期日と利払い日も記入しています。このようにして私は手帳を使ってお金と家計の管理をしています。実際手帳を使って家計の管理するようになってから節約も意識するようになり、支出も減るようになりました。

金融やお金に関わる話は、このホムペが手軽で便利です。。

Copyright (C)2017家計の管理…お金は大切に使いましょう.All rights reserved.